水没車は本当に高くは売れないのか?

水没車買取に関する画像

 

せっかく大事にしていた愛車が様々な事情から
車を水に水没させてしまった車はどうしたら良いのでしょうか?

 

実質的に走らない車となってしまっているので、車自体の走行が出来ない状態になってしまっていると売れる車も売れなくなってしまう可能性が出てきてしまいます。

 

普通車だと水深60センチ水没してしまうと車が動かなくなってしまう
実験結果もあるので、水没車の持ち主は諦めてしまう場合が多いんです。

 

そのため、水没車を売ることはできないんじゃないかとお金を払って廃車にする方が多いのですが、
実は水没車であってもその車を買い取る中古車業者は実際にあるんです!

 

水没してしまった車を買い取るということはどういうことなのかというと、車本体を買い取って売るのではなく、
その車の部分的なパーツを売ることを目的として水没した車を買い取る場合があります。

 

部分的なパーツ とはホイールなどのパーツで、これらのパーツは純正から社外品まで幅広く需要があり、
中古車のパーツ市場で流通させることができるのが部分的なパーツの魅力とも言えます。

 

その時の中古車市場やパーツ市場の状況によってもホイールやエアロなどのパーツの値段が異なってきますので、
水没した車だからと言って諦めないで、水没したことをしっかりと伝えて査定してもらうようにしましょう。